オークションのコツ


 タイトルはわかりやすく

 当たり前ですが見てる人に何の商品なのかわかりやすいように。
 さらに文字数が余ったら検索にかかるように商品に関連する単語を入れておきましょう。
 英語の製品、例えばCASIOならCASIO CASIO カシオと、どれもタイトルに入れておくことにより、
 検索にかかりやすくなります。

 自分で出品する前に同じような商品の出品者のなかで
 自分が一番魅力的だと思ったタイトルを参考にするのもひとつの方法です。
 ぜひ参考にすることをオススメします。


 商品の売り文句を一言のせておく

 これは強制しませんが商品の説明だけではなく
 売りとなる文句を載せておくと魅力的になると思います。
 たとえば一般料金5500円のものを、2500円から出品する場合、
 半額以下の2500円で出品します!とか、普通に買うより3000円もお得
 などと書くことにより多少はお得感が出て興味を持ってくれる人が多くなると思います。
 見る人が多くなれば必然的に落札額も上がるはずです。


 送料を考慮する

 オークションで購入すると落札額とは別にかかる経費があります。
 それは出品料であったり、送料であったり、振込み手数料であったりします。
 100円でも200円でも安く買いたいというのが落札者の思いですので、
 その経費の占める割合が落札額に比べて極端に大きいとあまり振り向いてもらえません。
 いい例がベッドやソファなどの大きい商品です。
 これらは送料が1万円以上する場合もあるので、
 いくら100円でスタートしても本当にいい商品でないとなかなか落札されません。

 このように落札者は少しでも安く落札したいと考えているのです。
 そこを利用してある程度の送料は無料にする(臨機応変に)のも一つの方法だと思います。
 送料無料の商品を狙っている人も少なくないと思いますので、
 その1で書いたようにタイトルに検索にかかるように送料無料と入れるのを忘れないようにしましょう。
 さらに、その2に書いたように一つの売りになると思いますので一石二鳥です。
 おそらく安く済むのはゆうパックだと思います。


 振込み手数料を安くする

 その3の送料のところで書いたようにこちらも安く済ませませることにより落札者を引き付けましょう。
 そのためにはイーバンク銀行がオススメです。イーバンク銀行同士なら手数料は無料です。
 商品700円+振込み手数料300円=1000円(300円はたとえ)
 商品1000円+振込み手数料0円=1000円
 落札者の側になって考えてみると単純に300円高く落札してもかかる経費は同じということです。
 ですので、いままで700円で売れていたものが1000円で売れるということです(保障はできませんが)。
 10回積み重ねると3000円にもなります。
 私自身が落札する場合はイーバンク銀行決算があるかどうか確認し、あるとうれしいので、
 出品する方にはぜひイーバンク銀行に口座を持っていてほしいものです。
 詳しい解説はこちら→イーバンク銀行

 さらに上を目指す人は、ジャパンネットバンクにも口座を持っておきましょう。
 ジャパンネットバンクも同銀行同士なら振込み手数料は52円と格安ですので、
 もしイーバンク銀行に口座を持っていなくて、
 ジャパンネットバンクには口座があるという落札者がいたと考えると、よりやさしい出品者となれますね。
 イーバンク銀行とジャパンネットバンク。
 両方に口座開設すれば振り込み手数料についてはパーフェクトといえるでしょう。

 イーバンク銀行の口座開設はこちらからどうぞ↓
 

 Click Here! ←ジャパンネットバンク

 安値でスタートして競争させる

 この方法はある意味もろはの剣です。一種の賭けですのであまりオススメはできません。
 しかし、オークションで高く売るために最も効果があるのは多くの人に競争してもらうことだと思います。
 そのためには上のように5500円のものを3000円から始めるよりも
 2000円から始めた方が競ってもらえるのは明らかです。
 結果的に3000円より高く落札されることは少なくありません。
 タイトルに100円スタート!などと入れると目立ちますしね。

 注意してほしいことは必ずしも高く売れる保障はないということと、
 1円スタート!などといってくだらないものを出品すると、
 あまりにも興味を持ってくれる人が少なすぎて本当に1円で落札される場合があります。
 1円のためにいろいろと手続きをするのは非常にバカらしいので、1円スタートはオススメできません。
 さらにはブランド品などを安値で出品すると偽者に思われますので
 それなりの値段で開始することをオススメします。


 画像は明るい場所で撮影する

 画像を載せるということは最低条件です。画像を載せなければ集客は望めません。
 私の勝手な考えですが、暗いとこで撮影された商品には魅力を感じませんし、
 怪しささえただよわせます。
 あくまでも私の意見ですが、明るい場所で撮影することに不利益は無いと思いますので、
 ぜひ実行してほしいものです。


 以上で私が教えられるコツは全部です。
 これらを駆使して1円でも高く商品を売りこづかい稼ぎをしましょう。
 それでは最終準備です。
 こちらからオークションサイト選びをしましょう→オークションサイト




ホームへ戻る



SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO